トップ / 軽度の場合は運動を摂り入れよう

オフィスの下肢静脈瘤

軽度の場合は運動を摂り入れよう

運動を行って下肢静脈瘤を改善

下肢静脈瘤は、脚の血管の逆流を防ぐ静脈の逆流防止弁がうまく機能しないことにより起こることはご説明した通りです。しかし、なぜ静脈の逆流防止弁が機能しなくなるのでしょうか。長時間脚の筋肉を動かさない立ち仕事や座ったままのデスクワークなどを続けていると、脚の血液循環を長時間にわたり滞らせてしまうことにつながります。そして静脈の逆流防止弁への負荷がかかりすぎてしまい、結果として静脈弁が壊れてしまうのです。

日常生活の中で以下のような注意を守ることで大きく改善されます。ぜひ毎日の生活習慣に摂り入れてみてください。

・長時間同じ姿勢を続けない
デスクワークならなるべく1時間に一度くらいは席から立ち上がるようにしましょう。立ち仕事なら、できれば廊下を歩くなど軽く体が動かせるとベターです。長時間立ちっぱなし、座りっぱなしのままでいることのないように注意しましょう。

・足の血行をよくしてむくみを防ぐ
なんといても血行不良からくるむくみが下肢静脈瘤の大敵です。体を締め付けないような下着を選ぶようにしましょう。サイズの合っていないきつい下着を着用していると下半身の血行が悪くなって下肢静脈瘤を悪化させてしまいます。また、日に数回はつま先立ちなどの軽い運動や、ふくらはぎマッサージなどを行うことも血行促進には有効なのでぜひ習慣にしたいものですね。

・ふくらはぎや太ももの筋肉を鍛える
ふくらはぎや太ももの筋肉強化が下肢静脈瘤予防に効果的です。デスクワークの方なら机の下で軽くつま先を回したり、かかとの上げ下げを行うだけでもかなり違ってきます。立ち仕事の方はお手洗いなどでアキレス腱を延ばしたりつま先立ちのようなストレッチを行って、強ばった筋肉を延ばしておくと楽になります。また、自宅ではカーフレイズやスクワットなどの筋力トレーニングで筋肉を鍛えておくこともおすすめです。

このように運動による血行を良くしむくみ予防を心がけることで、下肢静脈瘤のリスクはかなり軽減できます。運動と並行して、継続的な弾性ストッキングや着圧ストッキングの使用もおすすめです。足首からふくらはぎ、太ももまでを段階的に圧迫することでむくみ対策として人気が高いストッキングです。このむくみ改善効果により下肢静脈瘤予防効果はとても高いといわれています。

Copyright © 軽度下肢静脈瘤について. All rights reserved.